持続可能性への取り組み-最初から

 

企業の社会的責任(略してCSR)という用語は、世界中で流行語になっていますが、スパイク ナチュラルコスメティック社は創業以来、企業の社会的責任に注意を払ってきました。 

1928年に会社が設立されたとき、創業者のワルター・ラウは、家族経営のビジネスを公正に、責任を持って、心を込めて運営することを最重要視していました。流行語はさておき、真に持続可能な方法で会社をリードすることは、常にワルター・ラウの心に近い問題でした。この点で、彼は確かに同時代の人々と比較して時代の先端をいっていました。そして、持続可能な考え方と行動へのこの取り組みは、今日の3代目の企業経営者でも変わっていません。

 

 

持続可能性には多くの側面があります

 

今日使われている「持続可能性」とはどういう意味でしょうか?

言うまでもなく、それはナチュラルコスメの製造において使うべきではない成分を避けること以上のものを意味し、単なる製品の製造を超えて、環境、社会、社会的原因への一般的な取り組みを意味します。法的に最低限守るべき部分を超え自発的に行われ、エコロジー、経済、社会の三点の持続可能性を実現させるために役立つすべての活動を指します–

 

さらに詳しく見ていきましょう。持続可能性の個々の側面をクリックして、スパイク ナチュラルコスメティック社がそれぞれに対して何をしているのかを調べてください。持続可能な考え方と持続可能な慣行は、私たちのすべての企業活動の重要な基盤を形成しています。 2013年ドイツ持続可能性賞や2014年ドイツ連邦政府のCSR賞など、複数の賞を受賞し表彰されています。賞と賞の詳細については、「アワード」をご覧ください。

 

 

 


慎重で公正な原材料の取得


スパイク ナチュラルコスメティック社の社会的責任は、原材料の取得から始まる生産とサプライチェーン全体に及びます。ノックベルグ国立公園にあるスパイク ハーブを例にとると、原材料の取得がいかに慎重かつ公正であるかが明らかになります。保護された小さな植物・スパイクは、厳選されたスパイクの収穫者(農家)によって毎年注意深く手作業で収穫されます。経済と環境保護は密接に関連しています。ノックベルグの生物多様性の保護に貢献する一方で、持続可能な方法で収穫するスパイクの収穫者の家族には翌年以降の収穫ができるという経済的安全が与えられます。

 

もちろん、他のすべての原材料を購入する場合も、フェアトレードが前提条件です。良質であり、ほとんどの場合、つまり、可能な場合はオーガニック認証に注意を払っています。

 

 


環境にやさしいパッケージ


パッケージングは、持続可能なビジネスのため益々重要になってきています。この問題に取り組んでいるさまざまな方法の詳細については、「包装の種類」をご覧ください。

 

一般的に、私たちのモットーは「必要なものだけを可能な限り持続可能に!」です。

 

特に持続可能な包装の最良の例は、再生可能なサトウキビで作られたバイオポリエチレン(BIO PE)です。バイオポリエチレンは従来のプラスチック包装の賢明な代替手段です。 BIO PEの製造中に生成された植物の残留物は、グリーン電力を生成するために使用されます。これは、さらに多くのBIO PEを生成するために使用できます。独創的で将来性のあるシステム!

 

一方、持続可能性のもう1つの側面も関係しています。これは、原材料の選択とパッケージングの両方に当てはまります。私たちは、主に地域のパートナーと協力して、長距離の輸送を回避し、地域の経済システムを強化することを目指しています。

 

 


感謝の気持ちを込めた従業員管理


疑いの余地はありません。持続可能な社会的責任のある行動を達成し維持するためには、「人材」が大切になります。 スパイク ナチュラルコスメティック社のモットーの1つは、「人間として、常に成長し、発展すること」です。私たちは仕事において人間的な側面を大切にしています。これは、通常はゼロ点付近である従業員の離職率に反映されています。誰かが会社を辞めるとき、それは通常、定年退職するときだけです。

 

ワルター・ラウが評価の高い経営文化のために築いた構成要素は、今日でも存在しています。労働協約と労使協議会(1952年に従業員代表が開始)によって規制される契約は、スパイク ナチュラルコスメティック社など比較的小さな会社では当然のことではありません。 会社のすべての従業員が会社の全体的な成功に不可欠であると私達は理解しています。このように、ホリスティックな企業経営に向けた私たちの努力は、ビジネスの焦点を社会的協力に置いています。

 

 


長期価格と製品ポリシー


スパイク ナチュラルコスメティック社Speick Naturkosmetikでは、短期間の成功よりも長期的な成功を目指しています。これは、ノックベルグのスパイクの収穫者(農家)やサプライヤーとの長期的かつ公正なパートナーシップに反映されているだけでなく、製品カテゴリーでも明らかになっています。製品を長期間生産し、販売期間の短い限定版は販売していません。そして、私たちは公正な価格設定を非常に重視しています。公正な価値で製品を提供することにより、可能な限り多くの人々に製品を利用で使っていただけるようにしたいと考えています。

  

 


弊社の「グリーンホーム」


持続可能性は、ラインフェルデン=エヒターディンゲンにある当社の生活の不可欠な部分でもあり、細部にまで反映されています。用意された有機コーヒーと有機フルーツは、1週間を通して従業員の健康を保ちます。研究開発、生産、ロジスティクス、および管理はすべて1つの場所にまとめられています。これにより、部門間の距離を短くして資源を節約できます。

 

敷地内では、可能な限り細心の注意を払って利用可能なリソースを使用しています。太陽光発電システムで使用する電力の大部分を生成し、残りのエネルギーを100%グリーン電力と100%バイオガスでカバーし、社会的エコロジカルパートナーと協力して銀行業務を行っています。

 

私たちが行うすべての活動において、CO2排出と廃棄物を最小限に抑える事は当然のことです。